【2015/7/19(日)】三田茂医師&木下黄太トーク in 広島

三田茂医師&木下黄太氏講演会 広島初開催!
※お申し込みは全てこくちーずでお願いします↓↓↓
 こくちーず:http://kokucheese.com/event/index/295718/
日 時:2015年7月19日(日)12:30開場/13:00開演
場 所:合人社ウェンディひと・まちプラザ(旧市民プラザ) 北棟5階
    広島市中区袋町6-36
参加費:こくちーずで事前予約⇒1,500円(税込)
    当日⇒2,000円(税込)
    ※いずれの場合もお支払いは当日となります。
定 員:180人(先着順)
【お子様について】
会場後方のお子様連れ専用エリアがあり、お子様と一緒に座っていただくことができます。座席の必要なお子様はおひとり分の料金をお願い致します。
主 催:poco a poco ~あったか未来をつくる会~ from Hiroshima
d0251710_11155397.jpg

事故後4年が経過しましたが、ここ被爆地広島ですら事故と健康の影響について語られることがなくなっているのではないでしょうか。3.11の凄まじい原発事故から4年経った今も、福島第一原発から放射能は海や空気を汚染し続けています。
私たちはどうやって私たちを放射能から守るのか?
毎日の生活で家族の安全を守りながらどう暮らしたらよいのか?
福島第一原子力発電所事故後、東京にて2000人以上の被曝の影響を懸念する大人や子供の診療、血液検査、甲状腺エコー検査を行われ、現在は岡山県に医院を移転された三田医院の三田茂先生と、原発事故直後より一貫して健康被害や汚染状況をを調査し続けているジャーナリストであり、放射能防御プロジェクトを主宰されている木下黄太の講演会を広島で開催致します。
臨床の最前線におられる三田先生の認識されている現状をお聞きできる貴重な機会です。

ぜひ足をお運びください。
◎三田茂医師(三田医院)
東京都生まれ。首都圏での診察からご自身も移住を決意、2014年4月に岡山へ移住し開院。その後も全国から岡山へ診察に訪れる人が絶えない。
被ばく可能性のある地域の子どもたちを数多く診察・相談を受けてきた中で感じたこと見えてきたことから、日本の医療現場のリアルな実情を語る。

◎木下黄太氏(放射能防御プロジェクト)
徳島県生まれ。中央大学法学部卒。東海村臨界事故の際に現場に赴き実態を取材。3.11以降、「福島第一原発事故を考えます」を書き続け、「放射能防御プロジェクト」を立ち上げ関東圏の土壌調査を行い、その実態を発表。放射能問題の実態を真っ向から採り上げ、健康被害や汚染状況を取材調査継続中。これからの日本での生活の在り方や放射能問題へ警鐘を鳴らし続けている。
[PR]

by pocoapoco-h | 2015-06-26 11:18 | イベント情報