<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

要望書&署名を提出しました

3.11の東日本大震災と福島第一原発の事故を受けて動き出したpoco a poco。

その活動の第一歩として、被爆地・広島の首長、湯崎英彦知事に宛てた
「子どもを安心して産み育てられるエネルギー政策推進に関わる要望書」と、
その賛同署名「LOVE!ひろしま 安心して子どもを産み育てることのできる社会のための署名」
5531筆(うち電子署名462筆)に県内外から多く寄せられた湯崎さんへの熱烈メッセージを、
今日広島県庁で提出してきました。

署名に協力してくださったみなさん、応援してくださったみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました。
たくさんの気持ちが届くように、未来を変える力になれるように、
出席したみんな、がんばりました。

湯崎さんは同じ子育て世代で、イクメンとして全国区に知られている方。
私たち母ちゃんたちは、何だかものすごい親近感と心強さを感じています。
そんなこともあって、今日はどうにかほんの数分でも湯崎さんに直接お会いして話せたらと
みんなで熱望していたのだけれど、残念ながらそれは叶いませんでした。
通じ合える気がしているから本当に残念。


今日は私たち、決して対立するためではなく、
被爆地・ヒロシマのお母さんたちの素朴で素直な願いを届けるために伺ったので、
ニコニコ楽しくやろうとみんなで話していました。

そのことを胸に、職員の方がセッティングしてくださった部屋に
母ちゃんたち13人と子ども8人が最高の笑顔で入室すると、
県の担当部署の方4名と多数のマスコミの方がすでにどどーんと構えていらっしゃいました。
機材の色のせいか大きな壁のように見えて、小心者の私はいきなりキンチョーして、
ニコニコが次第にピクピクしてきてしまいました^^;

要望書や署名を提出するのがはじめての私たちメンバーにとっては、
そこは完全に未知なるゾーンであり、アウェー感いっぱいでした。


それでもまず、お母さん仲間がわざわざ届けてくれた特製のカップケーキを
担当の方がたにプレゼントしたのと(Nさん、ありがとう!)、
子どもたちのマイペースさに少し心なごみながらも、要望書を読み上げた石井と余村は
緊張のあまり何度もつかえてしまいました。ふつうのお母さんたちじゃけん、仕方ないですね^^;


それでも、私、緊張の中でも感動したことがあります。

私たちが要望書を読みあげている間、
「何よりも放射線の影響を一番に受けるのが次世代を担う小さな子どもや胎児であり」という部分と
「私たちの暮らしや次世代のいのちを脅かす危険性の明らかな原子力発電を推進する社会では、
安心して子どもを産み育てることができません」という部分で、
要望書を受け取ってくださる名越さんが、うんうんと深くうなずいてくださったのです。

たぶん、無意識の動作だったと思うのだけど、
その分、私たちの気持ちを分かってくださっていると思えて、涙が浮かんできてしまいました。



大切な、想いのつまった要望書と署名、湯崎さんへのメッセージを大事にお渡しして、着席し、
県としての考えをうかがったあと質疑の時間にうつりました。
私たちの言葉に真剣に耳を傾けてくださり、真摯に丁寧に回答してくださいました。
その内容は別で報告します。
http://poco-a-poco.jimdo.com/署名活動-報告/提出した質問/

昼近い時間だったので、お腹をすかせた子どもたちにおにぎりやおやつを食べさせつつ、
退屈した子どもを部屋の後ろのほうでメンバーが遊ばせてくれたりの約1時間でした。

午後は記者クラブ室で記者会見しました。こちらは大変でした~。
息子が「ちん○っこー!」と連呼して頭の上に乗ってきて^^;
その後メンバーが部屋の外に誘い出してくれて事なきを得ましたが、あれはピンチだったわー。


県の担当の方、マスコミのみなさん、
お忙しい中、貴重な時間を私たちのために使ってくださり、本当にありがとうございました。

(By ちほ)
[PR]

by pocoapoco-h | 2011-06-10 21:41 | 活動報告