<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ホンダと東京ガスなど 家庭用コジェネで停電時でも運転できる新型を開発


停電時でも電気とお湯が作れるっていい001.gif
だんだん普及していけば、リーズナブルになっていくでしょうね072.gif

ホンダと東京ガスなどガス関連6社は25日、家庭用コージェネレーション(熱電併給)システムで停電時でも運転できる新型を開発したと発表した。ホンダが手動で起動できる基幹部品を供給。東ガスなどがコージェネに仕上げて11月以降にそれぞれ発売する。価格は東ガスの場合で106万9950円。電力会社の電力に頼らない分散型電源の需要を開拓する。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD250KR_V20C12A9TJ2000/

日本経済新聞 『熱電供給、停電時も運転 ホンダ・東京ガスなど』
2012/9/25 21:06
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-26 22:35 | 電気

日弁連から、会長声明&国会議員原発意見聴取プロジェクト☆

☆日弁連から、脱原発基本法案の早期成立による脱原発政策の実現を求める会長声明


「速やかに脱原発を実現するという政策に対しては、経済界などから電力事業の経営が破綻し、電力不足と生産コストの上昇で産業空洞化が加速し、国民生活が脅かされかねないなどの批判がある。
しかし、当連合会は上記の意見書においてエネルギー需要抑制のための実効的施策をとることと併せ、再生可能エネルギーへのシフトを進めることを詳細に提言しており、加えてCO2排出量が比較的少ない天然ガス・コンバインドサイクル発電(ガスタービン発電と蒸気タービン発電を組み合わせた熱エネルギーをより効率的に利用する方式)を導入することなどにより、脱原発を前提としたエネルギー政策の転換を進めるべきである。地震活動期の続く日本において、原発事故の再発を防止することこそが国民生活を守る上での最大の課題である。」という点が特徴かと思います。
(脱原発法制定全国ネットワーク事務局長 海渡雄一)

会長声明の全文はこちらから。↓

脱原発基本法案の早期成立による脱原発政策の実現を求める会長声明

気が付くのが遅かったですが。

☆脱原発基本法案 自民党総裁選候補者へのアンケート結果公表!

☆脱原発基本法案 民主党代表選候補者へのアンケート結果公表!

なんていうタイムリーなアンケートも。
今後も脱原発法制定全国ネットワークさんに要注目ですね058.gif

☆国会議員原発意見聴取プロジェクト

http://space.geocities.jp/nicesenkyo/file001.html


経産省前テントひろばさんによるプロジェクトで、ものすごくシンプルな質問。
議員さんたちの考えを知る上で、こういったアンケートを材料の一つにするとよさそうですね。



□原子力発電について
A やめるべきだ 
B 続けるべきだ 
<意見>


□現在ある原発について
A 稼働させない 
B 稼働すべきだ 
(  年)
<意見>
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-26 22:30 | 脱原発

広島市議さんにご挨拶&相談。

  請願提出の際に、社民党の田尾健一議員(社民党)、山内正晃議員(社民党)、馬庭恭子議員(市政改革ネットワーク)村上厚子議員(共産党)、中原ひとみ議員(共産党)にご挨拶しました。
  ありがとうございました!
   
 

    馬庭恭子議員が、9/20の一般質問で、防災の観点から、SPEEDIについて質問されると聞きました。 
  録画が市議会のHPにあるので、ぜひチェックしてみてください。
  上関ネットから提出される請願の紹介議員になられている、自民党の月村 俊雄議員も、
9/19日の質問で、再生可能エネルギーの開発促進について発言されているそうなので、こちらも要チェックです058.gif

☆議会の中継録画↓
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1000000000002/1347496280573/index.html


 その後、田尾議員と山内議員に下記の問題などについて相談することができました。
お二人とも親身になって聞いてくださいました。

 田尾議員が「気軽に部屋に相談に来て下さい。それが本来の開かれた政治のあり方」と言ってくださいました。
 市民が議会に関心を持ち、どんなことが行われているかチェックする、議員さんに積極的に働きかけ、いっしょに考えていく、ということもとても大切ですね072.gif


 ☆広島県でも、給食の測定が始まるが、まるごと測定した場合、特定の食品の放射能濃度が高い場合は、薄められてわからなくなる。測定した後で、こどもたちの口に入るようにしてほしい。

 ☆放射線等に関する副読本の内容の問題点


 ☆広域処理を含め、汚染された廃棄物全般について

 
 ☆避難されている方たちへの支援について

   →各区政調整課に行くと、住居・就職などの相談に乗ってもらえるそう。
     広島で避難者のグループが立ち上がるそうで、今後議員さんとも連携できたらよい。

 ☆放射能の問題について、色々な分野で連携してワークショップを行いたい。
  
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

  広島市議会では7月に「原子爆弾被爆地域の拡大を求める意見書」が可決されていましたね。

 
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1000000000002/1341548735972/index.html
 
   被爆された方の救済。そして今の問題は繋がっていると3.11後に知りました。  
  広島市議会で意見書が可決されたのは、意味があることと思います。

   そして、被爆された方の救済と同時に、福島の子どもたちの避難・保養・被ばくの最小化など、今の問題の解決につなげていくことが大切と思います。
    
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-20 23:44 | 活動報告

伊方ネット・広島市が請願書を提出☆

d0251710_23415285.jpg



18日に、「伊方原発の再稼働を許さない市民ネットワーク・広島市」が 
 広島市議会に「伊方原発の再稼働を許さず全ての原発の再稼働停止を求める請願」を提出しました。

 このネットワークは、事故が起きれば被害地元となってしまう危険性がある環瀬戸内海エリアで、広瀬隆さんの講演会をきっかけに、できたネットワークです。
 「伊方ネット廿日市」さんも6月に廿日市市議会に請願を提出されました。
 
  請願提出に誘っていただき、お母さんたちも参加しました。

 
 この後は、25日に「経済観光環境委員会」で、請願の趣旨説明が行われ、審議されるということです。

 紹介議員になってくださったのは下記の7名の方です。
 ありがとうございます!

☆紹介議員さん

田尾健一議員 市民連合  社民党

山内正晃議員 市民連合  社民党

清水良三議員 市民連合  社民党

太田憲二議員 市民連合

山本誠議員 市政改革ネットワーク

馬庭恭子議員 市政改革ネットワーク


村上厚子議員 共産党


(関藤議員は辞退されたそうです)


☆請願内容


伊方原発の再稼働を許さず全ての原発の再稼働停止を求める請願

 昨年の東日本大震災と福島原発事故は、福島県の多くの人々をかつてない過酷な状況に追いやりました。私たち人類には放射能汚染・放射能被害を根本的に解決する能力はなく、16万人を越える避難者や数多くの被災者を救済する道筋は今も立っていません。そのような中、被災者や避難者をはじめとする多くの人々の「再稼働反対」の悲痛な声をよそに、政府は「暫定的な安全基準」を根拠に、大飯原発を再稼働させました。さらには、ストレステストで「妥当」とされた伊方原発3号機の再稼働も近いと言われています。
私たちは「二度とヒバクシャを生まない」と誓った広島市民として、伊方原発の「被害地元」の住民として、伊方原発の再稼働を許すことは出来ません。よって以下を請願致します。

 請願事項

「伊方原発の再稼働を許さず、全ての原発の稼働の停止」
を国へ強く求めてください


理由は次のとおりです。
1.伊方原発は広島市から瀬戸内海を隔てた対岸わずか100キロにある。事故で大量の放射性物質が放出されれば、遮るもののない海を越え、高濃度の放射性プルーム(放射性雲)が広島を襲う。

2.「東日本大震災を超え国難ともいえる巨大災害になる」(中央防災会議)と言われる南海トラフ巨大地震の対策が急がれている。伊方原発はその震源域にある。加えて日本最大の活断層である中央構造線からわずか6キロの地点にあり、専門家からは伊方付近が最大震度7になる可能性が指摘されている。福島原発は巨大地震の震源域から遠く、制御棒を挿入して核分裂反応を止める時間があった。伊方の場合はその時間がなく、核分裂反応を止められず、福島を越える苛酷事故になる恐れがある。

3.瀬戸内海は半閉鎖的内海である。伊方原発が苛酷事故を起こせば海中に流れ出た放射性物質は長期間瀬戸内海に留まることになる。多様な魚介類に恵まれた瀬戸内海は壊滅的な汚染を免れない。

4.原発は稼働させれば必ず作業員の被曝を伴い、大気中や水中に様々な放射性物質を放出する。原発による被曝の強制はするべきでない。

5.原発の運転は膨大な核分裂生成物、いわゆる「死の灰」を生み出す。日本の原子力発電が始ま
って以来、生み出された「死の灰」の総量は、広島型の原爆100万発分を超えていると聞く。さらに、それらは少なくとも10万年の間、人が住む環境から厳重に隔離しなければならないと聞く。原発を動かせば恐るべき「死の灰」をさらに増やす。これ以上、子孫への負担を増やすべきでない。

 広島市議会におかれましては、広島市民の生命と健康と安全を守りぬくため、私たちの請願をお聞き届けくださいますよう、心からお願い申し上げます。
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-20 23:26 | 活動報告

北九州市 注視&働きかけを

 
 北九州市での災害廃棄物の焼却が始まったようです。



〇九州ひまわりプロジェクト
http://hinanohanasi.blogspot.jp/

〇山口の方のブログ 
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/f563a7a22ef07f5455adb8772b86a13e


→この中で紹介されていた風向きマップ 地図をドラッグすると、中国・四国・九州地方の風向きが
わかります。

http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/weather/gpv/wind/

〇あんくら島田さん   静岡県島田市の市民グループ。
焼却炉周辺の小学校の土壌の放射能濃度が、他の地点より高いことなどを調査されています。

http://ameblo.jp/ankurashimada/



〇空間線量率のグラフ

福岡県
http://ma-04x.net/image_png/graph_mext_40.png



〇北九州市 北橋市長への意見 秘書室:093-582-2127
〇災害廃棄物について 環境局循環社会推進部循環社会推進課:093-582-2187


〇広島県や自治体に意見を言ってみよう。


 瀬戸内海の放射性物質の測定は継続的に行っているの?大型水盤を用いた降下物中の放射能測定を
行ってください。

など、意見を言ってみよう。


郵便 〒730-8511 広島市中区基町10-52
         広島県総務局広報課 県政提言コーナー 宛
   電話 082-513-2379
   ファックス 082-228-4429
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-17 14:02 | 緊急!がれき問題

飯田てつなりさんが北九州市長へがれき焼却の一時中断と説明を求める

 

  飯田てつなりさんが、北九州市長へがれき焼却の一時中断と説明を求めてくださったそうです。
 
 

  また、阿部 知子衆議院議員、斉藤 恭紀衆議院議員、平岡 秀夫衆議院議員、山崎 誠衆議院議員が
賛同されています。



「17日止める力になるように、一時中断・説明を実現するために、ともかく広げてください。」

というメッセージを山口の方が発信しています。

広島からも、ぜひできることを続けましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山口の方のブログから。
http://atta-an.seesaa.net/article/292516950.html


北九州市市長 北橋 健治 殿 平成24(2012)年9月14日
ご参考:内閣総理大臣 野田佳彦 殿
  ご参考:環境大臣  細野 豪志 殿   
  ご参考:山口県知事 山本繁太郎 殿      

   山口県民の不安を代表して
    取りまとめ代表   飯田てつなり

ガレキ焼却の一時中断と隣接山口県民への説明責任を求める

 私たちの自然豊かな故郷・山口県に近接する北九州市において計画されている震災廃棄物の広域処理(ガレキ焼却)に対して、本当に数多くの山口県民の皆さまから、数多くの不安や疑問の声が寄せられています。放射能・重金属・化学物質等の拡散による健康被害や環境汚染への不安に対して、隣接する山口県民への説明責任をまったく欠いたままガレキ焼却を強行することは、現代の民主主義社会における最低限の政治的なモラルを欠いた行為とさえ言えます。
 この西日本初めてとなる「東日本大震災の広域ガレキ焼却」に関して、一時中断と被害地元となる山口県民への丁寧な説明を強く要請します。

■北橋北九州市長へ:情報公開と説明責任と社会的合意が欠けています
山崎誠衆議院議員の聞き取りにより、焼却が予定されている皇后崎工場は、試験焼却はされていません。また、焼却予定の3箇所、焼却灰埋立予定地とも、周辺住民・関係者との協定文書が公開されていないのはなぜでしょうか。加えて、山口県全域への影響の心配があり、とくに下関市彦島は4kmにも満たない「被害地元」であるにもかかわらず、住民説明会は一度も開催されず、何の説明もされていないのはなぜでしょうか。山口県民として説明機会を求めます。

■細野環境大臣に求める山口県民への説明責任
有害廃棄物と放射性物質の「燃やさず・拡散せず」原則に反する
3.11以後、日本全体が放射能汚染・拡散へのリスクに慎重に対処すべき現実にある中、有害化学物質や低線量・内部被ばくのリスクがよりいっそう大きい方向に見直されつつある放射性物質は「閉じ込め、燃やさず、拡散せず」の原則を尊重すべきであると考えるがいかがでしょうか?

政策的必要性と経済合理性への疑問
「復興支援」事業とはいえ、処理費用の何倍もの費用をかけて1500km離れた西日本に運び、処理する必要性があるのでしょうか。こうした前代未聞の遠距離処理に政策的・経済的な合理性はあるのでしょうか。より近接する東日本、東北エリアでは処理が不可能なのでしょうか。また、指摘されている「鹿島JV二重契約問題の経緯についても説明されたい。

賛同国会議員(50音順)
  衆議院議員 阿部 知子
  衆議院議員 斉藤 恭紀
  衆議院議員 平岡 秀夫
  衆議院議員 山崎 誠

■この文章に関する照会先
〒 745-0073 山口県周南市代々木通2-12 第二代々木公園前ビル6階
   info★iidatetsunari.jp Tel 083-929-3968 FAX 083-963-4222 飯田哲也
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-14 23:15 | 緊急!がれき問題

脱原発総選挙☆

d0251710_22305897.jpg


☆脱原発総選挙☆
http://miraisenkyo.wordpress.com/



パブコメくんからのメッセージ ↓↓↓
(転送/転載完全に自由)

*********
ぼく、パブコメくん @pabukomekun は、
次の衆議院議員選挙に立候補することにしました。
「エネルギー・環境に関する選択肢」のパブリックコメントで
9割を超えた「0%」の声で、
政治も社会も原発ゼロに向けて大きく舵をとりました。
この流れを選挙でさらに推し進め、脱原発の流れを確実なものにしたいんです。
もちろん、日本にはエネルギー問題の他にも様々な社会問題があります。
でも、原発の問題を真摯に考えられる議員は他の問題にも
真摯に取り組める人のはずだし、まずは原発の問題を皮切りに、
「ぼくたちひとりひとりの意見がぼくたちの未来に反映される社会」を作りたいです。
そのために立候補を決めました。
もちろん僕はパブコメ王国の王子で、日本国籍はありませんから、
実際に立候補できる訳ではありません。
でも、今回の選挙には、ぼくと同じような思いをもって
立候補する候補者がたくさんいると思います。その人たちを応援したいんです。

応援にあたっては、僕のTwitterのほか、
脱原発総選挙ウサギのロビイちゃんがサイトを作ってくれています。

「脱原発総選挙」 http://miraisenkyo.wordpress.com/
ロビイちゃんのTwitterもあります。@lobbychanです。

それからfacebookには、脱原発総選挙キャンペーンのグループページがあって、
選挙をもりあげるための知恵をいろいろ出しあっているので、こちらもぜひご参加ください。

http://www.facebook.com/groups/176245389177615/

最後になりましたが、ぜひ、ぼくのこのメッセージと、
「脱原発総選挙」のサイトの拡散にご協力ください。
「脱原発総選挙」を盛り上げて、一人でも多くの人が選挙に行き、
ぼくたちの手でぼくたちの未来を作りましょう!

-----
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-13 22:32 | できること

9/30(日) 伊方原発再稼働を止めよう広島集会♪

d0251710_2046239.jpg


9月30日(日)

集会
時間:12:00~13:30
場所:広島平和記念資料館 会議室1
講師:近藤 誠さん(元南海日々新聞記者/伊方原発訴訟原告)
   「伊方原発 つながる伊方~瀬戸内~広島」
アピール:福島避難者や県内外各地から
資料代:500円

<デモ>

原爆ドーム前14:00スタート
(TwitNoNukes 中国!と合同で行います。メッセージボードなど個人でお持ちください。)
主催:伊方原発再稼働を止めよう広島集会 実行委員会
賛同団体:伊方原発の再稼働を許さない市民ネットワーク・広島、上関原発止めよう!広島ネットワーク、原発・核兵器なしで暮らしたい人々、ピースサイクル広島ネットワーク、ピースリンク広島・呉・岩国、原発のーてもえーじゃないBINGO!、森と水と土を考える会、さよなら原発みよしの会、KADOYA子育ての会~守りたいんよ・えがお・いのち・しぜん~、poco
a poco~あったか未来を守る会~、原発なしで暮らしたい広島県北、ボイス・オブ・ヒロシマ(2012.9.11現在)
連絡先:080-3885-9466西塔、090-2291-3406実国、090-9115-3317坂田



[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-11 20:47 | イベント情報

☆9月のアクション☆

     ☆9月のアクション☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月、次のような活動が予定されています。

どうぞご参加を!





☆大飯原発再稼働反対 広島2人デモ

9月14日(金)18:00~元安橋東詰出発

(毎週金曜日)





☆伊方原発再稼働反対デモ

9月15日(土)15:00~元安橋東詰出発





☆講演会「伊方原発と瀬戸内海洋汚染」=豊かな海を毒壺にするな=


9月15日(土)17:00~19:30 

市民交流プラザ北館6Fマルチメディアスタジオ(中区袋町6-36 袋町小学校隣り)

講師:湯浅一郎さん(NPO法人ピースデポ代表)

特別報告:「全国福島原発事故告訴団」から

主催:入れるな核艦船!飛ばすな核攻撃器!ピースリンク広島・呉・岩国 (連絡先 090-3373-5083 広島世話人 新田秀樹)

共催:伊方原発の再稼働を許さない市民ネットワーク・広島 上関原発止めよう!広島ネットワーク

参加費:1000円



☆9月22日さよなら原発のつどい「福島のいま そして これから」

日時:2012年 9月22日(土) 午後1時30分~4時
会場:広島平和記念資料館地下 メモリアルホール

◇第1部 講演 「福島の現状と課題」
           福島・わたり病院医師 齋藤 紀さん
              (広島・福島生協病院元院長)
◇第2部 みんなでトーク
       「いま、わたしたちに何ができるのか」

 齋藤紀さんは広島で長らく被ばく治療にたずさわり、原爆症認定集団訴訟でも原告側証人として勝訴に大きく貢献されました。2009年から福島市のわたり病院に勤め、3・11事故に遭遇。そのまま現地にとどまって、福島県内の避難所をまわり、医師として健康面の不安の相談にあたっています。
 つどいでは、第1部で齋藤さんから福島の現状と課題について聞き、第2部で「わたしたちに何ができるのか」について考えます。


☆中国電力本社前行動

9月24日(月)12:00~13:00

上関原発止めよう!広島ネットワーク
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-11 20:43 | イベント情報

鎌仲ひとみ監督からのメッセージ♪

  『内部被ばくを生き抜く』の上映会と鎌仲ひとみ監督のトークショーで個人的に印象に残ったことを
  ご紹介します。

  特に元気をもらったのは

  072.gifスーパーポジティブになる!
  

  072.gifぶんぶんする
 ・・・発想を転換する 思い込みから自由になる

  
  072.gifさわぎ続ける  

 072.gifジタバタすればいい


  という言葉でした。大分では災害廃棄物の受け入れを止め、熊本では降下した放射性物質は全国で
いちばん少なかったのにもかかわらず、測定体制を整えているなど
 全国各地でがんばっているお母さん・お父さんのお話にも勇気づけられました。

  事実をまっすぐに見つめ、そしてものすごく前向きで楽しい鎌仲監督に元気と勇気をいただきました043.gif
  
  自分のメモがわかりづらく、
 通販生活さんに鎌仲監督のインタビューがあり、こちらがわかりやすそうです↓↓↓

  
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/genpatsu/kamanaka/


  鎌仲監督の新刊が出たそうです。印税は福島への支援活動に寄付されるとのこと。

  
   
d0251710_11355100.png



    子どもの未来社ブックレット
    「鎌仲監督VS福島大学1年生 3.11を学ぶ若者たちへ」
     鎌仲ひとみ 中里見博/編著   定価735円(本体700円) 
 
http://888earth.net/staffblog/2012/06/vs311.html



  個人的に印象に残った点

  ☆小出先生に計算してもらったところ、昨年の原発事故で放出された放射能は
    セシウムで換算して、原発470発分であるそう。


  ☆ 『広島新史』の「資料編Ⅰ」(1981年刊)に都筑正男医師が『慢性原子爆弾症』という病名を
     載せている。
     肥田舜太郎医師は
     人の命は自分で守るもの 
     食生活・睡眠などすべての行動において、よいことに集中する。と言われていた。


  ☆放射能の『見える化』を行う。市町村ごとに測定システムをつくる。


  ☆福島のひらた中央病院では5千万円をかけてホールボディーカウンターを購入。
   子供は無料で受けられるそう。
   

  ☆福島県二本松市のお寺の副住職 佐々木道範さんは福島で生活することを選ばざるを得なかったた    め、測定所をつくり、測定したものを子供たちに出す、屋根を張り替える、など、外部被ばく、内部被ばく    を抑えるため最善を尽くされている。 

  ☆会場からの「信頼できる議員さんは?」という問いに、「きみがいちばん信用できる!きみがなったら
  いいよ。市民から議員さんを出す時代になった。」との答え。
    大分では市議選に若いお母さんがが担がれるんだとか。

  
  ☆アーネスト・スターングラス博士が低線量被ばくについて研究している。

  ☆基準は弱者に合わせるべき。切り捨ててはいけない。
  
  ☆放射能は回文的DNAの配列エラーを起こす。ゲノム修復エラー (パリンドローム)
    また、フリーラジカル(活性酸素)の二重被害を及ぼすことが証明されている。
   
  
  ☆動脈硬化、高血圧、認知症、脳梗塞のリスクが増える。

  ☆ベラルーシの小児科医が異変を感じ始めたのは三年後くらいから。

  ☆放射能によってミトコンドリアが変化を起こし、すべての疾病の元になる。病気にかかりやすい。

  ☆監督いわく「あまり見る人がいない映画」をつくるきっかけとなったのは
   十数年前に、取材先のイラクで、劣化ウラン弾の被曝に苦しむ子どもたちと出会ったことだった。


  ☆NHKのETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」をつくられた七沢潔さんのお話も
  興味深かったです。  
  ※この番組の舞台裏がわかる本『ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図』(NHK ETV特集    取材班 著)も出版されているそうです。 

       
[PR]

by pocoapoco-h | 2012-09-11 20:39 | できること