<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

100人の母たちin Hiroshima【2013/9/24~10/1】

「わたし自身が自分に背を向けずに生きるために」
日本各地で強くしなやかに生きる『100人の母たち』。
3.11を経て、彼女たちは何を思い、何を決意したのか。
写真家・亀山ののこさんが100人の母と出会い、話し、撮った。
これからの家族のあり方を予感させるフォト・ドキュメンタリーです!

写真展(キヲクの空箱)は予約不要ですが、トークカフェ(寺子屋しゃんてぃ)は予約が必要です。
お申し込みはお早目にどうぞ(^人^)
できれば9/26(木)までにおねがいします(^人^)

「100人の母たち」写真展
◆場 所:キヲクの空箱(広島市安佐南区長束3-21-7)
◆アクセス:http://kiwokunokarabako.com/access.html
◆日 程:2013年9月24日(火)~10月1日(火)
◆時 間:平日11:00~16:00/土日11:00~19:00
◆料 金:500円
  ※小学生以下無料
  ※予約不要
◆駐車場:4台

亀山ののこさんトークカフェ
◆場 所:寺子屋しゃんてぃ(広島市安佐南区古市2-6-1)
◆アクセス:http://www.terakoya-shanti.com/pg52.html
◆日 程:2013年9月30日(月)
◆時 間:10:30~12:00トーク&スライドショー/~13:30ランチ
◆料金:1,500円
  ※地元食材たっぷりの菜食ランチボックス付
  ※要予約(定員50名)
◆託児はありませんがお子様が遊べるお部屋があります。
◆駐車場:10台

●主催:poco a poco ~あったか未来をつくる会~ from hiroshima
HP: http://poco-a-poco.jimdo.com/
【申込】長橋 090-2601-5734/横田 090-4610-0397
Facebook「100人の母たちin Hiroshima」に直接メッセージをいただいても対応いたします。

d0251710_1131776.jpg

d0251710_1132981.png

[PR]

by pocoapoco-h | 2013-09-22 01:14 | イベント情報

チェルノブイリへのかけはし 野呂美加さん お話会@ひろしま

野呂美加さん講演会実行委員会さんよりお話会のお知らせです。
-------------------------------------------------
チェルノブイリへのかけはし 野呂美加さん お話会@ひろしま
(昼の部・夜の部)

【昼の部】
『子どもたちのために いまできることってなんじゃろう?』
〈場 所〉広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟5階 研究室A
〈日 時〉2013年10月3日(木)13:30~15:30(13:00開場)
〈定 員〉50名(予約不要)
〈参加費〉500円 (高校生以下無料)
*オーガニックコーヒー、紅茶、ハーブティーなど用意しています。
*お子様連れ大歓迎!
(託児はありませんが、会場内に話を聞きながらお子様と一緒に遊ぶスペースを設けてあります。)

【夜の部】
『27年目のチェルノブイリから』―野呂美加が3.11後にヒロシマに伝えたいこと ―
〈場 所〉広島平和記念資料館 地下1F 会議室1
〈日 時〉2013年10月3日(木)18:30~20:30 (18:00開場)
〈定 員〉80名(予約不要)
〈参加費〉1000円 (高校生以下無料)
*お子様連れで会場に入れますが周囲にご配慮お願いします。

※※※はじめまして※※※
子供が生まれてから初めて環境や食の安全のことを気にするようになったり、世界観が変わったという人は多いと思います。
私たちもそういった普通の母親です。
たまたま東日本大震災当時に関東にいたり、興味を持つきっかけがあったりという経緯で、自分や子供、家族や大切な人を守るために、3.11以降の暮らしにどのように向き合っていけばよいのか、具体的にどんなことに気を付けて生活すればよいのか、日々、不安を抱えるようになりました。

※※※野呂美加さんのこと※※※
野呂美加さんは27年前のチェルノブイリ事故後から現地の子供たちの保養を中心に活動されていて、チェルノブイリにも何度も足を運ばれています。
同じ原発事故を経験し、今もまだ収束していない日本が、チェルノブイリから学べることはたくさんあるのではないかと思います。
そこで、実際にチェルノブイリの被曝の現状や生活の中で気を付けられること、日本に住む私たちができる被曝への具体的な対策などを伺えることになりました。...

※※※「知る」という選択をすること※※※
野呂さんからお話を聞けることになったときに自分たちだけ話を聞くのは勿体無いと思いました。
世の中には何もしなくても入ってくる情報も探さないと入ってこない情報もあります。今の自分の暮らしに起こりえる危険性や口に入る食品にありえる危険性、気持ちが楽しくなる情報ではないかもしれません。
でも知っていて日々を暮らすのと知らないで暮らすのでは大きな違いがあります。
みなさんに知るという選択をして貰えたら、一緒に子供たちのために暮らしの中でできることを探していけたらと思っています。

〈主催〉野呂美加さん講演会実行委員会
〈お問い合わせ〉mail : hiroshimagathering@gmail.com
          徳岡 08019340866 / 佐々木 09013340992
〈facebookページ〉http://www.facebook.com/events/660239583986382/
d0251710_2383430.jpg

d0251710_2392091.jpg

[PR]

by pocoapoco-h | 2013-09-15 23:09 | イベント情報

野呂美加 × アーサー・ビナード お寺でトークセッション!

尾道のひなの会さんからのお知らせです。
-------------------------------------------------
NPO法人 「チェルノブイリへのかけはし」代表、野呂美加さん × 詩人のアーサー・ビナードさんをお招きして、TALK LIVEを開催します。
19年間チェルノブイリのこどもたちの保養活動を支援してきた野呂さんの体験談をベースに、後半は野呂さん×アーサーさんのフリートーク。
現在進行形の福島の事故のこと、チェルノブイリのお母さんたちからのメッセージ、かけがえのないこどもの命の輝きetc、今こそ真剣に向き合いたい“とっておきの命のお話”を聞きに、ぜひお越しください。
当日は浄泉寺境内に有機野菜やオーガニックFOOD&DRINKなど、体にやさしいマーケットも出店予定です。

●日時 : 2013年10月2日(水) 18時半~20時半 (開場18時)
      ※マーケットは、昼12時から夜6時半まで)
●料金 : 1500円 / 高校生以下無料
      ※ペア割 グループ割 1000円(1人)
       ご夫婦、お友だち、カップル、親子など、一緒に話を聞きたい人とお越しください。
●場所 : 浄泉寺 ( 尾道市西久保町2-2 )
●アクセス : JR尾道駅より徒歩20分
         JR尾道駅よりバスで5分 「西国寺下」下車すぐ
      ※お車でお越しの場合は 、市役所庁舎南駐車場など、もよりの有料駐車場をご利用ください。

☆夜の会に参加できないかたに ☆
野呂美加さんからお母さんたちへ 『こどものために私たちができること』 
時間・場所 : 13時半~15時半 浄泉寺にて
参加費  :  500円(託児無料 要予約)
予約・託児申込み ひなの会 中村 090-8512-3879

●主 催 : ひなの会(代表・信恵勝彦 090-1336-4757)
●後 援 : 尾道FM放送、おのみちわらべ伝承研究会、かたつむりの会、他
☆お問い合わせ onomichievent@gmail.com  片桐 090-4221-0203 ☆

~~~ ひなの会について ~~~
「ひなの会」は2011年の原発震災をきっかけに関東東北から尾道へ避難・移住した仲間と、それをサポートする尾道の人の集まりです。尾道への移住、保養を希望する人たちの窓口としても活動中です。

d0251710_2314673.jpg

[PR]

by pocoapoco-h | 2013-09-10 23:14 | イベント情報